シネ★マみれ主催         ピンク映画ベストテン2019


開催&投票募集のお知らせ

 林田義行さんが始めた「ピンク大賞」が、2018年度作品を対象にした第31回を以て終了いたしました。

 

 林田さんをはじめ、同賞を支えてきた皆さんに、ピンク映画ファンとして、心より「お疲れ様でした」とお礼を言いたい気持ちです。

 

 と同時に、毎年、ピンク映画の賞を楽しみにして「今年はこの映画が本命だな」とか「この人を個人賞に推したい」等々、予測を立てながら作品を注視している人たちのホットな場が、なくなってしまうのをもったいなく思いました。

 

 林田さんは、ピンク大賞をいつかまた違うかたちで、より若い人に引き継いでほしいという希望を表明しています。そこで、彼より年長の私は、林田さんや共同主催であったオーピー映画さんにご挨拶をさせて頂いたうえで、あくまで「引き継ぐ」というかたちではなく、ピンク映画ファンの1人として、2019年度作品を対象とした「ピンク映画ベストテン」を立ち上げたく思い、ここに公表する次第です。

 

 この賞は、次の世代の賞の主催者があらわれるまでの、暫定的なものになるかもしれませんし、未来は誰にもわかりません。「いま出来ること」をしたく思います。

 受賞作品や受賞者について、私の主宰する雑誌「シネ★マみれ」誌上で掲載いたしますが、結果については、もちろん転載自由とし、広く公表させて頂くつもりです。

 

 作品賞の他に監督、脚本、主演女優賞、助演女優賞、新人女優賞、主演男優賞、助演男優賞、技術賞(監督、脚本家以外の技術スタッフ)、功労賞(ピンク映画制作・興行関係者全般から)のご投票を募集いたします

 

 選出作品の上映、受賞者の表彰式は、ピンク大賞時代に参加されてきた皆さまの混乱をきたさぬよう、同じ5月5日(火・祝)の予定で、上野オークラ劇場さんに相談に乗っていただいております。

 

 これまでピンク映画を応援してきた皆さん、映画好きでピンク映画にも視野を広げたく思っている皆さん。ご関心を向けてくだされば嬉しく思います。

 

 そして、今年はどの作品を選ぶのか、どの人を推すのか、考えを教えてくださればと思っております。

 

 何卒、よろしく申し上げます。

 

 

 

 

 

                                シネ★マみれ責任編集 切通理作

 

 

 

<ピンク映画ベストテン2019 表彰式>

 

2020年5月5日(火・祝) 上野オークラ劇場

 

 

 

【ご投票方法】

 

2019年に公開された新作ピンク映画38本(ゲイポルノ含む)が対象。

 

●対象作品のうち5本以上をご覧になった方が投票に参加できます。

 

※投票開始は20202月8日(土)。投票締切りは4月1日(水)。投票箱投函・郵送到着分まで。

 

 

 

【投票用紙】

 

投票用紙は下記のいずれかで配布いたします。

 

●上野オークラ劇場、横浜光音座で配布【20202月8日(土)~4月1日(水)】

 

●郵送をご希望の場合は、お名前、ご住所、用紙希望と明記した紙と返信用の84円切手を同封の上、下記までお送りください。

 

 〒166-0001 杉並区阿佐谷北1-27-5 ネオ書房気付 シネ★マみれ編集部

 

 ※郵送による用紙請求は2010年3月20日(金)必着。返送まで1週間程度かかる場合もありますので、余裕をもってお申し込みください。

 

●他配布場所をお願いするかどうかは、決定次第、告知いたします。

 

 

 

【投票の応募】

 

●上野オークラ劇場、横浜光音座内設置の投票箱へ投函

 

●シネ★マみれ編集部宛に郵送

 

のいずれかになります。詳しくは投票用紙をご覧ください。

 

 

 

【投票締切】

 

●劇場分:2020年4月1日(水)投函分まで。

 

●郵送分:2020年4月1日(水)到着分まで。

 

 

 

投票結果、イベントの詳細は4月上旬に発表します。